64魂

ロクヨンだましい

機動戦士ガンダムSEED 第3話 崩壊する大地

.
ナレーター時の映像と 前回からの状況

オープニング前に、今までにはなかった
相当 大規模な艦隊戦の様子が少し描かれていました。
1stガンダムでいうルウム戦役のような戦いがあったのでしょうか。

さて、本編としては
ガンダムがビーム兵器を装備し フェーズシフト装甲を作動させる一方
クルーゼのジンはガンダムに切りかかろうとします。

そこで、突然 コロニーの内部から アークエンジェルが飛翔してくる、
という場面から スタートとなります。


コロニー内での戦闘

敵MSの攻撃から マリューたちを守るため キラはガンダムをタテにして
ジンのマシンガンを防いだりします。
さすがガンダムの装甲ということでビクともしません。

アークエンジェルは クルーゼのジンに、ミサイル攻撃を仕掛ける事に。
「いいな、まちがえても シャフトや地表にあてるなよ」 と艦長代理の人が言ってました。
見てるほうとしては、んな無茶な・・ という印象ですが、この状況だとしょうがないのかもですね。

クルーゼは 「ちぃっ! 」というシャアっぽいセリフを言いながらも うまく回避。
ミサイルはシャフトに直撃し、コロニーの破壊が進みます。

キラのストライクガンダムは、ビーム兵器でクルーゼ機を狙撃するも
直撃にはいたらず コロニー外壁が破損。
その穴からクルーゼ機は離脱していきます。

ザフト側の戦艦内では、アスランが 奪取したガンダムのOS書き換え作業中。
よくこんなOSで~ ・・とキラと同じようなこといってたんですが、
どうやらこの能力?は コーディネイター側は 普通に持っているということみたいですね。
それとも、キラとアスランが特別すごいのでしょうか?


被害状況が明らかに

ここで ひとまず、戦闘はひと段落したこともあり
ムウラ、マリュー、キラ さきほど艦長代理をしていたナタルなどが対面。
ナタルによると 艦長以下、主だった人達が戦死し 
無事だったのは下士官と 10数名のみとの事。

1Stガンダムだと パオロ艦長は重症をおいながらも生きていたので
それよりもキツイ状況に思えますね。

ムウラは、
「オレの乗ってきた船も落とされちまってね
オレはあれ(ガンダム)のパイロットになるヒヨッコたちの護衛できたんだがね」
と、ガンダムパイロット候補たちの事を気にしている様子。

ナタルから
「 指令ブースで艦長に(ヒヨッコたちが)
着任挨拶をしている時に爆破され、共に・・・」 という話をされ
ムウラは残念そうな表情を見せていました。

そしてムウラは、キラがコーディネイターだと見抜いているようで
それに言及すると周辺の兵士達が キラに敵意を向けます。
(どうやらSEEDの世界では、コーディネイター=ザフトという図式があるため)

ここでキラは 自分が1世代目のコーディネイターだと告白します。

ムウラは、ガンダムのパイロットになる予定だったヒヨッコの
シミュレーションを見てきたが、彼らは動かすのにも
のろくさとしていた~などというような事を発言。
その ヒヨッコたちとキラの差を見て、コーディネイターだと思ったようですね。


ザフト側の動き

ザフト側では クルーゼが部下に、ガンダム捕獲命令を出すします。
やはり、声といい セリフ回しといい シャアっぽさがかなりあり
見ていて 思わずニヤニヤとしてしまいました。

クルゼーの部下としては、アスランの他には
弟2話でキラと戦ったミゲルが ピックアップされていますが
そのほかにはニコルと イザークというキャラもいるようです。

ニコルは攻撃に抵抗感もあり
逆にイザークは乗り気ということで かなり 温度差があるようですね。
ザフト側パイロットは なんかわりとギスギスした印象がいまのとこありますね。


アークエンジェル側の動き

アークエンジェル内では・・
キラの友達が、キラがいつのまにかOS書き換えしてたことに触れて、
ザフトがみんな、 (そんな能力のある)コーディネイターばかりなら
戦って勝てるのかと疑問視する場面もありました。

この辺は 視聴者側の印象を代弁してくれた感がありますね。
地球連合側には MSがまだ試作機しかないということで
技術で劣っている事は伝わってきますが、パイロット能力面でも
差があるとなると いくら物量で勝るといはいえ、さすがに厳しそうではあります。

マリュー、ナタル、ムウラは ガンダムに誰を乗せるかで意見を交わします。
ナタル 「民間人に大事なきたいを任せるわけには~」
ムウラ 「そんで、のろくさ出てってマトになれっての」
・・どうやら キラにガンダムを使ってもらう方向で決まりそうです。


アスランの仲間、ミゲル戦死

早くも次の戦闘に向けて 事態が動き始めます。
ザフト側はジン多数に加え、アスランが、奪取したイージスガンダムで無断出撃。

一方 キラはガンダムに乗ることをを断りますが・・
キラは自分がガンダムに乗るしかない状況に、追い込まれ しぶしぶ乗ることに。

ここからの戦闘は 地球連合側がアークエンジェルとストライクガンダム、
ザフト側は重武装のジン多数と アスランのイージスガンダム。
しかもザフト側はは打ち放題という事もあり けっこう絶望的な状況に突入。

BGMもあいまって、この状況どうするの・・?
みたいな雰囲気がヒシヒシ伝わってきました。

この戦闘で初めて、キラとアスランは 敵同士であるということを確信したようですが
お互いに ためらいもあるのか、そう本格的には戦闘していなかったと思います。

対して、ミゲルのジンについては・・
キラは サーベル?をブーメランのように投げる戦法で応戦。
ミゲル機は一刀両断となり、ここでミゲル死亡。

なんというか見た目的に ミゲルはもうちょっと出番があるのかなと思ったのですが
1stガンダムでいうところの デニムかスレンダーぐらいの位置づけでしたね。
見た目的には アスランたちの兄貴分なのかな?みたいな印象だったので驚きました。

そういえばブラウザゲームでも、ミゲルのカードは見かけたんですが
能力的(コスト)には結構低くなっており、あぁ こういう事だったんだなぁと納得しました。
でも、キラは最初から強いようなので それに負けたからと
低評価なのは 若干、可哀想ではありますが、まぁ仕方ないかもですね・・。


ヘリオポリス崩壊

アークエンジェル側も、ジンへ向けて ムウラが艦砲射撃を仕掛けます。
ジンに見事命中し 撃破するも コロニーのシャフトにも被弾します。

残っていた重武装ジンも ミサイルを発射し、コロニーの損傷は決定的なものに。
コロニーが分解・崩壊していく様は まだ序盤とは思えないくらいインパクトがありました。

なお、シェルターに避難していたカガリは コロニー崩壊に伴い
強制的に宇宙へ排出されたことで ひとまず無事だったようです。
よく出来ている仕組みだなぁ関心しましたが、
でも、そこからどうするんだろうという不安もありますね・・。


web拍手 by FC2
  
         
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://64sp.info/tb.php/2972-a916f5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
.