64魂

ロクヨンだましい

魅力・能力がすごい人と 自分を比べて萎縮した時の考え方

.
自信が無い方向けの記事です。

すごく魅力的だったり 能力が高かったりして
常に輝いているような方をを目の前にすると、
自分の無力さを感じるということはないでしょうか?

自分は あります。

プライド等は 別に無いんですが
それでも、すごい人を目の前にすると、変に萎縮したりして
無力感が心に湧き上がってきたりします。

自分には、この人のように
(見た目や能力などで)人の心に印象を残す事は出来ないんだろうな・・
という気持ちにもなったりします。

いわば 自分の存在価値への疑念が湧き上がってくるわけですね。

そんな時に どう気持ちを持っていったらいいのか 自分なりに考えてみました。



確かに、生まれ持った物や 今まで積み重ねられた努力の差によって
魅力や能力において、全く適わない人というのは もちろんいます。

ただ 凄い人と比べて、自分には魅力・能力が圧倒t系に無いからといって
単に しょうがないで終わらせたら 自分自身のそれ以上の進化が無いように思います。

魅力だったら 笑顔などの表情だったり 能力だったら 言動、行動だったりで
一瞬だとしても そのすごい人のように
人の心に残ることもできると 思っています。

つまり 通常時では、そういった 凄い人には適わなくても
輝きを失わないように頑張っていれば、ごく短時間だとしても そういった人に並べる
魅力・能力を発揮することもできると思うんです。

普段の行動において その一瞬の煌き、一瞬の輝き を積み重ねていけるように
気力を捨てないように やっていきたいな、と 個人的には思っています。



web拍手 by FC2
  
         
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://64sp.info/tb.php/3199-7c4b02b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
.