64魂

ロクヨンだましい

続・できるだけ周囲の方に迷惑を掛けない、という事の難しさ+緊張対策など

.

少し前に書いた 考え方関連の雑記の 続きとなります。

短めに前回のを要約しますと・・

周囲の方々に できるだけ迷惑を掛けずに
やっていきたいけども それが どうにもうまくいかない事

自分の出来の悪さ、メンタル面の弱さで 迷惑を掛けてしまっている事、

あまり人を不安にさせたくない、不快にさせたくない~とばかり
思いすぎて、逆にぎこちなくなって失礼になったりしてる事、

なので、もう少し 物事を気軽に考えたほうがいいかも、という事

・・といった内容でした。



今回はまず、迷惑を掛けてしまっている原因を
もうちょっと詳しく見ていきたいと思います。

まずは出来の悪さ、つまり能力不足や考え方の甘さについてですが
これは地道に 改善点などメモしながらやっていくしかないですね・・。

次に メンタル面の弱さについては 臆病な性格なので
色々と考えすぎた結果、行動がおかしくなったりしています。
あとは 緊張に負けている部分が かなり大きいと思うんですよね。



要点を抑える、という考え方

臆病さについては、どうしたら改善できるか 正直、見当がつきませんが
緊張に関しては、主観視点に入りすぎているというのは分かっているので
客観視点・腑眼視点的なものを 取り入れれば 改善はできそうです。

あまり客観的にばかり物を見ても なんか物事がつまらなくなりそうですが
主観に入り込みすぎて? 緊張し、ひどいときは 思考や動きがフリーズする事もあったので
そうなって 大失敗するよりは まだマシのような気がしますね。

あとは、 最近 教えていただいた考え方として
「とにかく要点を抑えることが大事」 ・・という物がありました。
つまり 80点を目指した結果 緊張にやられて ガタガタになり 20点の出来になるよりは
50点でもいいやという気持ちでいつつ、大失敗にだけはしないようにする、という考え方ですね。

今の自分にとって とても参考になる考え方だと思いました。
日常についてもそうですが、次に操法競技をやる時にも 忘れないようにしたい感じました。


身内に対する考え方

ここまでは、周囲の方に迷惑を掛けないように・・
という部分から 対応策を書いてきましたが、

身内の人間については 迷惑かけたり、かけられたり というのがずっと続いてきてるので
そんなに気にしてもしょうがないし、好きにやらせてもらおうかなと思っています。

親とかについても、育ててもらった恩があるのは分かっているんですが
不思議と 愛着的なものが あまり無かったりするんですよね。

それは身内という立場上 お互いしょうがなくやっているから、
という部分もあるからだと思います。

(親には 子供の時、存在否定的な言葉を言われたり
 少しでしすが DVを受けたりした事とかもあり、それが影響してるかもしれません)

むしろ 立場上必要ないのにも関わらず、良くしてくださった身内以外の方々にこそ
自分的には 感謝の気持ちが大きいです。
自分には そういった方々に恩返しをできる機会は ほぼ無いと思いますが
感謝の気持ちは 忘れないようにしなくては、と思っています。



自分が勝手に作り出した不安、恐怖、先入観

なんか振り返ってみると、臆病な性格や 緊張についても そうかもですが
自分が作り出した 見えない不安や恐怖、先入観に縛られて
色々と 悪い作用をもたらしている気がしてきましたね。

例えば 消防団関連でも 風潮だからやらなきゃ~という先入観や
先輩や集落の方に注意されないように、という気持ちで
10数年間やってきましたが 集落内にいる、今の若い方々を見てると
まったくそういったものが無いんです。

自助・共助の観点から あるていど自分たちで頑張るのは
必要だと思いますが、生活に影響を与えないように調節するという意味では
その若い方々のやり方というのは、参考になるところも大きいのかなと。

臆病さを改善するためには
自分が 普段 縛られている不安・恐怖・先入観に対して、
本当にそうだろうか?と
自問自答する事も 時には必要なのかもしれません。



まとめ 一期一会の機会を大切にするために

今回は、前の記事にもまして グダグダと書いてきてしまいましたが
なんとなく メンタル問題解決への 糸口的なものは
うっすらと見えてきたような気もしました。

私は 人生における 多くの方々との関わりは
一期一会だと思っています。
それこそ その一回しか会わない方も多いでしょうし、
何回か会っている方でも、いつ最後の対面になるかは分かりません。

だからこそ、迷惑を掛けてばかりだったり
緊張で 色々失敗したりという事が 余計に悔しいんですよね。

あまりそれを意識しすぎても かえって緊張になりそうですが
出来るだけ、この事を 忘れないように 日常生活を
送っていくようにしたいです。



web拍手 by FC2
  
         
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://64sp.info/tb.php/3306-9b761c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
.