64魂

ロクヨンだましい

GTA3 紹介

PC関連 > PCゲーム > GTA3 TOP > GTA3 紹介



GTA3に関しての紹介や、思い入れなどを書いていきます。

巨大な都市が丸ごと舞台

GTA3が発売される少し前の時期、ハード性能が向上してきた事もあり
3Dの仮想世界が楽しめるゲームが 幾つか出てきていました。
例えば ドリームキャストのシェンムーなどです。
細部まで表現された山の手集落、横須賀商店街などには 度肝を抜かれました。

今回紹介する GTA3も シェンムーの影響を受けていると言われています。
ただ、GTA3の世界というのは シェンムーの方向性と真逆で、
シェンムーほどの 細かい作りこみは無い反面、
当時としては驚くべきほど広いマップを持つゲームになりました。

17

GTA3では 3つの島に分かれている、巨大都市 リバティシティー全てが
ゲームの舞台となっていて その広さから 当初は道を覚えるのも結構大変なくらいです。
その広いマップに、人・車・電車などが常に動いており まさに一つの都市が形成されています。
グラフィックは粗めですが 広範囲を描写してる事を考えると 十分なレベルでした。



出来ることは少ない分シンプルに楽しめる

GTA3は 後のGTAシリーズと比べると 乗れる 乗り物に バイクやヘリが無いなど
シリーズを逆順番で遊んでいる人にとっては かなり物足りない可能性もあると思います。
しかし、Dodoで難しいながらも空を飛ぶことは出来たりと 制約がついている中で
どう遊んでいくか という楽しさがある作品だと思います。

ミッション攻略についても、後のシリーズだとヘリなどを使って
元々の想定より楽にクリアしたりも可能だけど
GTA3はそうゆうのが無く、ミッション内容については 中々シビアで
難易度はかなり高めではないかと思いますが、それもまた魅力の一つだったりします。





個性豊かなラジオ局

GTAシリーズでは 車に乗った時に様々なラジオ局により 音楽が聞けるのがウリになっています。
で、GTA3のラジオ曲はと言いますと 後のシリーズに比べると 総時間的な面でのボリューム面こそ落ちるけども
いい曲もかなり有り、トランスからラップ、オペラまで幅の広さが凄いです。

また フラッシュバックFM では、映画「スカーフェイス」で
使われていた楽曲を幾つも聞くことができる。
なので、スカーフェイスの画のサントラには フラッシュバックFMの曲が入っています。



意外すぎる最初の曲

少し 曲の話が続きますが 個人的にラジオで聴ける曲で 一番のお気に入りがあります。
それは ゲーム開始して 操作可能になり 車に乗った瞬間 最初に聞くことができる曲です。
(Dil-Don't - Stripe Summer というタイトル)

この曲は とても清涼感のある軽快な曲で、GTA3というクライム・アクションのゲーム冒頭に
このような曲を持ってきた 作り手のセンスは、すごいと思いました。

GTA3を始めて 遊んだ時・・
ゲーム開始直後に その曲を聞きながら 街を自由に走り回っていたときの感覚は
こんなゲームがあるのか!?って感じでとてもインパクトが大きかったです。
その曲を聴いていると その感覚をなんか思い出しますね。

GTA3は クライム・アクションということで 暴力描写も多く 人を選ぶ部分もかなりあります。
しかし GTA3というゲームの魅力は そういう面だけでは無いよ ということを
最初のこの選曲で 製作者が 暗に主張しているんではないかなぁと・・
まぁ、考えすぎかもですが 個人的には そう思えてなりません。



背中で語る主人公

GTAシリーズというと、VCにしろSAにしろ 恐らくGTA4でもそうなんだと思いますが
主人公にキャラ付けがしてあって 色々と喋ったりします。
これはやはり、キャラ付けがあったほうが 物語を深く演出できるという所でしょうか。

しかし、GTA3は まだ3D化して一作目ということもあってなのか
主人公の設定などは ほとんど語られず いわば謎の人物みたいになっています。
ストーリーも 大きな流れとしてはありますが 主人公が複雑に絡んでどうこう・・などはありません。



一見、なんか物足りないと思うかもしれませんが 細かい設定が無い分
主人公の考えていること=自分の考えていること と思えるようにもなるので
そういう意味では 感情移入がしやすい主人公だったりもします。
このような、プレイヤーの想像に 主人公の感情を委ねさせている面も GTA3の特徴ですね。



まとめ

繰り返しになりますが、後のシリーズと比べると
かなり出来ることは限られますしグラフィックも 粗いです。
ただ、オープンワールド・アクションというジャンルを確立したゲームとして
遊んでおいても 損は無い作品だとも思います。






PC関連 > PCゲーム > GTA3 TOP > GTA3 紹介
web拍手 by FC2
  
         
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://64sp.info/tb.php/845-840df63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
.