64魂

ロクヨンだましい

ルナティックドーン オデッセイ 悪人プレイ日記1

義父と語らってキャラタイプ決定

ゲーム開始すると まず育ての父親と会話をしながら 主人公の性格を決定することになる。
性格により 主人公のタイプが 戦士・盗賊・僧侶・魔法使い の4タイプから決定され
顔グラフィックも それぞれのタイプで 変わるようになっている。

主人公は男を選び、顔は4種類見てみたけれども
戦士/ミルク・クロコップ風 盗賊/オダギリジョー風
僧侶/地味なブラックピッド風 魔法使い/キムタク風

・・という感じの顔になっていた。 今回は悪人プレイということで
目力が強い 盗賊タイプか 魔法使いタイプで悩んだけども 盗賊タイプで行ってみることにした。


ウィンダム無双

まず 育ての父親が斡旋してくれた 最初の依頼に取り掛かる。
途中で戦闘もあったが 助っ人として付いてきていた
ウィンダムというベテラン冒険者により 敵は一蹴されていた。

確か 200ぐらいのダメージを与えていたような・・ ウィンダムさん強すぎる。
依頼終了後 ウィンダムさんと別れて 本格的に冒険の旅へと出発。


新米冒険者の苦悩

しかし、ここからは 初心者冒険者による一人旅の危険さを 痛感することになった。
マップ移動中に山賊と出会えば 複数人にボコボコにされ 命からがら逃亡するか
相手の要求にしたがって アイテムやお金などを渡す羽目になってしまう。

適当な依頼を受けても それが配達等だけだったらいいものの 人を護衛したりする内容だと
目的地到着後 邪魔をする人物が現れて 戦闘になってしまうようだ。
依頼でついてきた人も 戦闘時は一緒に戦ってくれるかと思いきや 後ろで見ているだけだった。
結局 このイベント戦闘においても 相手のが相当強いので 逃走を繰り返すことになってしまう。


依頼もつらいよ

早く主人公を強くするためにも しばらくは依頼を続け 資金を稼ぐことにしたのだけど
依頼には期限が設定されていて 依頼を達成した後も
依頼を受けた町の 宿屋に戻って報告をしなければ 依頼失敗扱いになってしまうという厄介な仕様のようだ。
マップ移動の日数を考えれば あまり同時に依頼を請け負うと 失敗のリスクを高めてしまいそう。

まぁ、なにより現在の 戦闘をまるで出来ない状態では、受けられる依頼の種類も限られてきてしまう。
主人公は訓練所という場所で強くなれるようだけども それにはまだまだ時間がかかりそうだし。
・・ということで 酒場に来ている冒険者のスカウトを始めてみる。
だが当然 新米冒険者のスカウトに応じる人が そんなにいるわけもなくスカウト作業は難航するのだった・・。


初めての仲間ゼノビア

しばらく根気強く酒場の冒険者スカウトを続けていると、
ついに仲間になることに応じてくれた人が見つかった!
その名は 「七転八起ゼノビア 44歳 女性」
この人は能力的にもそれなりで 魔法も結構使えるようだ。

試しに盗賊と戦ってみたところ、ゼノビアが一撃で敵の一人を倒し
その強さに驚いて 盗賊が逃げ出していく始末。
なんでこれほどの冒険者が仲間になってくれたのかは謎だけど
これで盗賊との戦闘は なんとかなってきそうだ。


おばか&じじい加入

ゼノビア加入により 調子に乗って戦闘があるクエストにも チャレンジしてみる。
だが結果としては いくら強いゼノビアとはいえ 魔法を使ってくる敵がいると危険が大きいようだ。
何より 主人公がとても弱いため 魔法一発で主人公瞬殺、ゲームオーバーというパターンがかなり多い!
やはり 戦闘のあるクエストを積極的に受けるのは まだまだ早いみたい。

ゼノビア加入後も 仲間のスカウトを続け、 新たに二人の仲間が加入してきてくれた。
名前は 「狸じじいのサマーン70歳 男性」 「おばかさんのアショーカ 男性 41歳」
この二人は ゼノビアよりは少し弱いが当然 主人公よりは遥かに強いので 頼りになる仲間には変わりない。




ルナティックドーン オデッセイ TOP
web拍手 by FC2
  
         
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://64sp.info/tb.php/933-043ce1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
.